渋谷の英会話教室まとめ  »  英会話のリスニング力を
劇的に向上させる3つのポイント

英会話のリスニング力を
劇的に向上させる3つのポイント

ネイティブとスムーズにコミュニケーションを取りたいと考えている方は、英会話のリスニング力を高めていくことが不可欠です。ここでは英会話のリスニングが苦手な人の特徴や、劇的にリスニング力を向上させるためのポイントを紹介しています。

英会話のリスニングが苦手な人の特徴

英会話のリスニングが苦手な人には共通するいくつかの特徴があります。当てはまるものがないかチェックしてみましょう。

リーディングで英語が理解できない

リスニングが苦手な人は、まだ十分な英語力がついておらず、リーディングをしても英語が十分に理解できていません。リーディングが理解できない理由は、基礎文法の理解不足やボキャブラリー不足などがあります。

英語の音に慣れていない

英文を読めば英語が理解できるのにリスニングができない人は、英語の音に慣れていないという特徴があります。英語を発声すると特有のイントネーションやリズム、音のつながりがあり、それを聞き分けられないため、リスニングで英語の意味が把握できません。

正しい英語で発音できない

自分で発音できない音は、聞き取ることがかなり難しいのだといといわれています。そのため、リスニングが苦手な人は正しい英語の発音ができていないという特徴があります。

英会話のリスニング力を向上させるポイント

リスニングが苦手な人でも、ポイントを押さえた学習をすればリスニング力の向上につながります。紹介するポイントを参考にリスニング学習に取り組んでみてください。

基礎文法や単語を学ぶ

文章で読んでも英語が理解できないという人は、まず基礎文法や単語を学ぶインプット学習をしましょう。単語を学ぶときは意味とスペルだけではなく、発音も同時に学びます。インプットした英語量が増えれば増えるほど、リスニング力が高まります。

集中して英語の音声を聞く学習をする

文章では理解できるのにリスニングが苦手という人は、リピーティング・ディクテーションなどの学習方法を取り入れて、英語の音に慣れる練習をしましょう。聞き流しではなく、集中して英語の音声を聞くことがポイントです。英語の音に耳が慣れれば、一気に聞き取れる英語が増えます。

正しい発音を学ぶ

英語の音に慣れるためには、自分で正しい発音ができるように練習する必要があります。自分で発音できない音が聞き取れないという訳ではありませんが、発音を理解していれば聞き取れる英語の量は圧倒的に増えるのです。シャドーイングをしたり、発音練習アプリを使ったりして、正しい発音を身につけましょう。

当てはまる特徴に合わせて
リスニング力向上のための学習をしよう

英文自体が理解できないのか、英文は理解できるけれどリスニングができないのかで取り組むべき学習方法は変わってきます。英文自体が理解できない人は、まず基礎文法や単語学習に取り組み、ある程度理解できるようになったら英語の音に慣れる・正しい発音を身につけるという学習に取り組んでみてください。